C--に戻る
日記 / その日にあった私的な事柄を、何となく。 開発 / 生意気にも開発中のゲーム情報など。
News / 気になったニュースをピックアップ。 VerUP / ソフトウェアの更新情報。
WWW / インターネットの動きをウォッチ。 佐賀 / 日本一悲劇的な都道府県に関して。
リンク / 他のサイトへのリンク。 雑談 / 雑談したい時にご利用下さい。

2020年01月16日

Chromium Edge

# 画像はBeta Channelのものです。
cedge.png

散々な言われようの新アイコンである。
わたしはドラクエ3のどくイモムシに見えたが、画像をよく確認するとそこまで似てない。

・細かい見てくれは違うが、かなりChrome。
・事前に試用していたので気付いたが、
 別チャンネルの奴を入れると(例えばStable/Betaで)プロファイルを共有しないところもChrome。
・Chromeと違い、スピードダイヤルをいじくる事ができる。
・検索エンジンはBing(ごみ)固定。
・EdgeHTMLの方にあった、蛍光ペンを書くアレとかがオミットされてる。
 今後は拡張ということなるようだが、MS謹製のものはないっぽい。調べればあるかも?
 1/17追記:ありの木さんより、pdfファイルにはペン入れが可能だと教えてもらいました。そんなの気付かないよ。
・設定画面をVivaldiにかなり寄せている。……と思ったら、最近のChrome自体がそうである模様。
・プライバシーの設定はFirefoxに寄せていると思われる。
・ちゃんとしたベンチマークをしているわけではないが、
 メモリの喰いようは他Chromiumと比べて多少なりとも有利(?)なように見受けられる。
・それでもメモリバカ喰い。
 「非人道的な環境」におけるInternet Explorerの利用が加速するのでは、と危惧する。

細かい所を全部触れているわけではないが、
ぱっと見、Chromeの上位互換か下位互換か答えられない。
正直、どんぐりの背比べである。

一見、拡張がMS独自のストアでしか使えない、とお思いだろう。
だが、拡張一覧の左下に「他のストアからの拡張機能を許可します」って奴があって
そこにチェックを入れると、Chromeストアから拡張を入れる事が出来る。
ここを知っている知ってないは大きく違う。
さすがにOperaストアはあかんかったが。
拡張子も搭載機能も違うしね。

Edgeじゃだめだ!Chromeじゃなきゃいけない!という人は、
たぶんChromeで同期をしているユーザに限られよう。
そうじゃない人が、ChromeからEdgeに鞍替えするべき理由が、特に見当たらない。
プライバシー気にするなら、FirefoxなりBraveなりあるだろうし。 
 

2020年01月08日

Mosaic 2.7b6 〜Google ChromeはNCSA Mosaicの夢を見るか?〜

カテゴリ間違ってる気がするけど、この話題いつもここに入れているからね。すまんね。

mosaic.png

UbuntuでMosaicを使えるというツイートにおったまげて、
Ubuntuでいけるならやり方変えればFedoraでもいけるんじゃ?と思ってしまい
今この記事を書いている。

インストールの仕方

1)Snappyをインストール(Ubuntuでは標準で入ってる)できるLinuxディストリビューションを用意する
  例えばFedoraの場合「sudo dnf install snapd」を叩けばよい
2)いったん再起動
3)「sudo snap install mosaic」と叩く
4)茶でも飲んで待つ

使用感

・あたりまえだがタブ型ではないブラウザ
 これによるストレス感は意外と無視できない
・ホイール無効
・もちろん中クリック無効
・target="_blank"無効
 近年のNetscapeみたいに新しいウィンドウ開いたりとかはない
・JavaScript?何それ
・日本語読めない(フォントの指定はおろかエンコードの指定すらできない)
 ん?エンコード指定を廃止したChromeってMosaicに先祖返りしたのか?
・Annotateという見慣れないメニューがある。Webサイトに個人的な注釈をつける事ができる。
 ん?これってVivaldiにあるNoteのようなもんか?Presto Operaのメモ機能の発祥って、もしかしてMosaic?
・newsというメニューがある。十中八九ニュースグループに関連する機能と思われるが、試しても無反応。
・SSL接続状態のアイコンが目立つ所に用意されている。
 やっぱりChromeってMosaicに先祖返りを目指しただろ。」
・とは言うが、多くの人が予想している通り最近のSSL事情に未対応で(恐らくTLSが古い)
 httpsサイトがことごとく全滅
・右下の100%を見て、ページの拡縮がこの時代に用意されていた!と思ったが百年早かった。
 ページの読み込みが何%完了した事を示すだけで、Presto Operaで言うプログレスバー。
・Edit SourceとあるからPresto Operaの神機能が存在する!と思ったが百年早かった。ボタン押したが最後、フリーズ。
 ローカルのHTMLなら読めると思ったが、無反応だった。

非常に原始的なブラウザだったが、
随所にChromeやPresto Operaを連想させる内容があった。
GUIブラウザの原点は間違いなくMosaicにある事を身をもって知っただけでも、
本日は有意義な一日であった。

当然常用には耐えないし常用する人はいないと思う。 
 
2020/01/08 21:30 | Comment(0) | VerUP

2020年01月03日

Munet Meddler for gPad/サクラエディタ/Mery 2.0β2

あけました。おめでとうございます。

http://munet.x0.to/create/lzh/other05.html

ある機会にて発見されたエンバグ潰し、及びファイラー機能などで絶対パス・相対パスが指定できるように修正。
やっぱりβ版でよかったなぁと思った。
しかし、バグ潰したは良いが、似たような処理が並んでしまい不健康なコードができあがってしまった。
リファクタリングせんと正式版にできんとして、m-ushi君にはさらなる奮起を期待したい。
使ってみて思ったのですが、フォルダの区切りがバックスラッシュじゃなくて
Linuxみたいにスラッシュ記号でいけたら楽だよなって思った。指が遠くないし。
これはまた次のβ版で考えるとするか。

あと、関係ないけど今更ではありますがmidi素材のページにて演奏して頂いた案件、SoundCloudの該当ページにリンクしております。
問題がありましたらコメントください。

この2点とも、その節はありがとうございました。 
 
タグ:作曲 mumed
2020/01/03 20:15 | Comment(0) | 開発

2019年12月10日

ホットカシミールカレーまぜそば

軽く意味が分からない。

kashmircurry.jpg

カシミールって確かハーブの事だよね?
私カードワースで予習したから知ってる。
それをカレーとは。
お互いの特性を殺し合う組み合わせではないか。
制作陣は一体何を考えてこの商品のゴーサインを出したのか。
そもそも銀座デリーは何で監修したんだ。

いざソースを振りかけると、二種類ともカレーソースである。
じゃあふりかけがカシミールか?
しかしふりかけにアピール力全然ない。
しかも、ふりかけのアピール力は完全にカレーソースに殺されてしまっている。

まぁいいや。喰らう。
辛い。
ん?これハーブフレーバーにしては辛くないか。
というか店売り品にしては割と人を殺せる辛さなんだが。
その攻撃力、じゃがりこ激辛インドカレーとどっちが高いかっていうレベル。

はっきり言って辛さしか残らなかった。
腑に落ちなさを噛み締めながら、ブログを書くために色々ぐぐってみたところで、
重大な間違いに気付いた。

なんてことない。カミールってインドあたりの地名で
私が言っていたハーブはカミールだった。

ペヤングパクチー的な何かを連想していた私は面喰らったとさ。

情けなや。 
 
2019/12/10 20:18 | Comment(0) | レビュー

2019年11月29日

Munet Meddler for gPad/サクラエディタ/Mery 2.0β1

http://munet.x0.to/create/lzh/other05.html

このへんで予言していた通り、
ファイラ機能を実装しました(ls・ll・mv・cp・rm・mkdir・rmdir)。
ばっかじゃねーの。誰得だよ。俺しか得をしないじゃないか。

実装はしたけど、大層な機能なんで、このまま安直にv2としてリリースするには怖いため
β版リリースとします(内部バージョンは1.9.2です)。

常用するにはディレクトリ補完なんかできない上、パイプがないのが最大級の問題ですが、他にも以下の壁があります。
・中身のあるディレクトリを削除する「危険なコマンド」(rm -rf)がない
・ディレクトリ配下のディレクトリのファイル一覧を取れない
・一つの環境につきカレントディレクトリしか保持できない

複数のカレントディレクトリを持てない問題は、いい方法があれば全力で解決したいですが、
無理してv2までに解決する勇気は、そんなにありません。

テキストエディタでファイラ機能を使いたいユーザなんか早々いないと思うし、
そんなことしたいユーザはvimやemacs等でシェルモード呼び出しているんで、
本当に誰も得しないと思うね。 
 
タグ:mumed
2019/11/29 20:58 | Comment(0) | 開発

2019年11月14日

Brave 1.0

おさらい)Brave 0.8.0 これ、3年前の記事か…

brave1_1.png

無残にも斬られるかわいそうなGoogle Analyticsさんの図。
(それはそうと、httpとhttpsの混在問題、他人事じゃねぇな。。。)

UIが完全にChromeになってる。0.8.0の時は独自UIだったのに。
あれ?これOpera 15の再来?
しかしOpera 12→15に比べて、
機能面での大幅なインパクトはない(はず)なので、
ずぼらじゃない人以外は大して気になるまい。
元々凝ったことをしていないんでね。

とはいえ、設定はかなり手を加えているようだ。
設定を見るタブで履歴やダウンロードをチェックできるし、
ざっと見たところ、スクリプトやクッキーを無効化する設定が確認できる。
私がPrestoOpera時代に愛用していた機能だ。
まぁChromiumにも深いところ辿ればすぐに設定できるんで、言うほど有り難みはない。

このブラウザの売りはプライバシーにあり、
なんかおもしろいもんあったらいーなーと思う牛島君のニーズには一切応える必要がないブラウザである。
そのことを再確認した(して、ちょっとしょんぼりした)結果になったが、
決して出来が悪いブラウザではない。
今現在のサードブラウザ、フォースブラウザには思うところがあるんで、
選択肢の一つとしてキープはしとこうと思う。

brave1_2.png

インストールしようとすると、おおかたネットインストーラーを手にすることになるが、
何故かインストールできず、ファイアウォールのホワイトリストに登録してくれというメッセージ。
しかし、試してもダメで、調べてみるとフォーラムでも同様の報告があった。
曰く、GitHubのReleaseページからStandalone版を直接落とせと。
それで、この通り試用することはできた。
しかし、About(に相当する、Braveについて、ってやつ)を開いて更新を確認すると、やっぱり更新コケてる。
Win10 1909 64bit。俺環であることを祈る。

(加筆11/18)なんとなく起動してみると、普通に最新版です、との表示が出た。
単純に正式リリースに伴うサーバへのアクセス集中ではないかと類推するしかない。座して待てと言うことですかね。 
 
タグ:Chromium Brave
2019/11/14 22:00 | Comment(0) | VerUP

2019年10月09日

チキンラーメンのカルボナーラ

日清の黒魔術。

ckncarbo.jpg

匂い。
お湯を入れた途端にチキンラーメン的な例の匂いがブアッと広がるが、
いざ食べるとなるとき、それはカルボナーラ的な匂いにガラリと変わる。
実際食すると、面白いことに完全にカルボナーラ。
食感もパスタ。ラーメンどこいった。
焼きそば弁当のように、湯切りした奴は捨てるのではなくスープになるんだが、
こっちは完全にチキンラーメンなんで、不思議なもんである。
粉末スープを入れる前に
本当にそれは過去チキンラーメンだったのか、確かめる必要があったなぁと、
ちょっとだけ後悔しているところである。

興味本位で手に取ってみていいと思いますよ。 
 
2019/10/09 19:34 | Comment(0) | レビュー

2019年08月27日

ペヤング チーズMAX

またカルボナーラ系焼きそばか。
と思った私は甘かった。

pyngcheese.jpg

完全に油断したまま、何事も考えずに3分待ってお湯を切って
ソース開けたら、まさかの普通の焼きそばソース。
色を見た時、それは一見普通の焼きそばソースだったが、
流石に何かを仕込んでいるだろうと思っていた。
何も仕込んでいなかった。
そして、後入れ調味料と称した袋。
中には本当にチーズしか入っていない。
匂いを嗅ぐと、焼きそばの香りとチーズの香りがダブルアクションで襲いかかってくる。
両者にハーモニーの欠片は一切なく、
空気を読まずに自己を主張しているだけである。
ぶっちゃけると、不快。

実際に食する。
焼きそばは確かにソース焼きそばである。
チーズは確かにチーズである。
両者にハーモニーの欠片は一切なく、
空気を読まずに自己を主張しているだけである。
この混じり合い、
いや古代人による棍棒の殴り合いを表現する日本語は
現代日本に存在しない。
その正体を探るべく、私は訳も分からず箸を進めるが、
正直、ちょっと気分が悪くなった。

路線としては正しい路線である。
ショートケーキ味焼きそばとか、チョコレート味焼きそばとか、
消費者に選ばれる季節限定焼きそばではなく、
消費者を選定する季節限定焼きそばこそが世に憚るべきだ。
そういう日本であるべきだ。そうでしょう?

久しぶりの劇物。
まぁ、これでもチョコレートに比べると余裕の部類である。 
 
2019/08/27 20:49 | Comment(0) | レビュー

2019年07月29日

Munet Meddler for gPad/サクラエディタ/Mery 1.9.1

http://munet.x0.to/create/lzh/other05.html

ファイラー機能を実装する前に(やる気満々だな、いつ完成するかしらんけど)
片付けたかった事がありまして、
作業フォルダを指定して実行する新規関数wdrunを導入。

実際、局地戦略は作業フォルダを指定して起動しないとエラーになるから
私にはどうしても必要だった。
で、どうしてこの機能を導入するのがこんなに遅れたんだ?
クライアントは私だけだろう?

鳥でも言った通り、pushdとpopdで代用するか悩んだんだよな。
でも、このマクロはコンソールと違って
エディタ上に一方的に書き溜めるんで、あっても有り難くないよなーと。
なんで、こうなりました。

関数名何にするかも、無意味に悩んだ。
specify folderだからsdrunと思って海外ランチャー調べたら
working folderという言い方が正しいらしい?
のでwdrunになった。
調べ方が甘くて正解が間違っていたら徒労もいいところですな。 
 
タグ:mumed
2019/07/29 21:28 | Comment(0) | 開発

2019年07月11日

ペヤング 青じそ焼きそば

ペプシしそ思い出した。

pyngsiso.jpg

まず驚くのが、かやくに入っている大量の青じそと思われる粉である。
これ、湯切りするときに落ちるんちゃうんかと。
実際湯で戻るんで、心配は無用である。
その青々しいインパクトはペヤングわかめに匹敵する。

気になったんでスープの匂いを嗅いだが、
これ、しそスープですわ。
しそにしそを組み合わせてきた、まるか食品の本気を感じる。
これは覚悟が必要なやつなんじゃないかな。

いざ喰う。
ん?
確かにしそなのはしそだが、
しそのアピールは意外と弱い。
もしかすると、しそが強すぎたら商品にならないと判断したのか?
パッケージにインオイルとある通り、油のアピールがより強く、
青じそ焼きそばという言葉に反して、
なんか普通に体に悪いインスタント焼きそばになってしまっていた。

しそとしその足し算は1+1=200ではなく、1+1=1に過ぎなかった。
足し算は足し算でも、論理演算だった。

標準的なインスタント焼きそばとして考えると、上出来だとは思うし、
興味本位で食べる分には何の問題も無い。 
 
2019/07/11 20:05 | Comment(0) | レビュー

タグクラウド