2013年02月20日

Operaでタブ10個以上開いたら動作が重くなるそうです(ネタレスとマジレス両方含)

※だいたいTwitterに書いた内容を自分的に掘り下げた長文。読む価値あんまりない。

http://www.lifehacker.jp/2013/02/130220tabbrowser.html
ライフハッカー / http://www.lifehacker.jp/

以前何かでタブをたくさん開いてるのは良くないという記事を見たことがあって
ついったーで書いた記憶はありますが(それもライフハッカーの記事だっけ?)
それも当記事のように、たくさんタブを開いていたらごっちゃになるから効率が悪いとか
なんかそういった理由だった気がします。
実際そこは同意するところであって、酷い例えですけどタブがたくさんあるブラウザって
俺に言わせればいわゆる「汚部屋」。他人から見ればわけわかめだけど当人にとっては最適な環境なんですよ。
当人にとってはね…。
だいたい人のパソコンの散らばったデスクトップ見ると血管切れそうになるタチなんですよね。
でも自分のOperaでタブ20個常時開いても気にならなかったりする。よくない。
なぜ開いたまんまなのか。それは大抵情報を咀嚼して消化してないんですよね。
「あとで読む」とか。読めばいいのにねー。あと調べ物があって、未解決だったりとか。
新しい情報がガンガン入ってくる世の中なので、自発的にタブを消す努力はするべきです。

なのはいいんですが、
この主張がどこがネジ狂ってるのかってゆーと、ずばり前触れ。
>ブラウザが遅い、不安定だという不満をよく聞きます。
>「雑なコードを書きやがって」とデベロッパーに文句を言うのは簡単です。
>しかしもっと大事なことを忘れている気がします。
ブラウザタブを一度に10以上も開いていたら、PCが不安定になるのは当たり前です。
>生産性が下がる無意味な行動なので、今すぐ止めた方がいいでしょう。
>これはChrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Operaのどれでも同じです。
>システムが遅くなると、ブラウザがフリーズして、最悪パソコン全体が落ちてしまう可能性もあるのです。

今時タブ10個で不安定ってwwww
しかもOperaでタブ10個開いたら不安定ってwwwwwww

いや、これに草に対する異論もある。それも、はっきりとした異論だけどね。
が、それは後述するとして…だ。
PC性能をフル利用して高速化するChromiumの設計思想と異なり
劣悪なパソコン&回線その他諸々の劣悪な環境下でも快適な動作を謳うOperaで、
しかも先進国在住の記者が
(幾分差別的な視点ではあるが、いくらそうだとしても想定されるレベルが違いすぎる)
10個ごときでOperaが重くなったって、それ多分違う要因じゃないんですか?wwww
なに、どうせGoogleUpdate.exeがカタカタ言ってるんじゃないんですか?wwwww
もしかして、ウィルススキャンがたまたま走ったんじゃないの?wwwwwwwwwww

いやこれ、実際やってみれば分かるでしょう。
こっち行ってOpera落としてみて下さい。
http://www.opera.com/browser/download/
いやマジで。実際試してみれば分かります。
特にデータがまっさらな時の(そうじゃなくても爆速だが)、Operaの最強伝説っぷりは本当に体験した方がいい。
…但し、パソコン中級者以上の、少なくとも自助努力があるユーザーじゃないとOperaとは付き合いきれませんがね…。
なぜかっていうと理由の一つとして、カスタマイズ可能な項目が他と比べて、多すぎるから。
転んでも泣かない自信があるなら、Operaの使用を勧めますがね…。

あと自分は気にしてないけど
タブをたくさん開くと管理しきれないというのは縦タブにすれば容易に解決するという意見。
これOpera福岡総会で初めて聞いて、なるほど〜って思いましたがディスプレイ横に長いし自分的には不採用。

とは言っても、今さっき草生やして煽っておいて何ですが、
ブラウザで10個タブを開くと動作が重くなるのは、考察するにあたって非常に思い当たる節のある
一つの悲しい理由があります。

1)ページが重い
Web2.0やHTML5とか言って動的なページが増えました。
広告もFlash等を利用した動画が使われたり、
開いてるだけで新しいツイートがどんどん表示されたり、せわしないページが増えました。
今まではソフトウェアを使ってやってきた複雑な処理が、ブラウザ上でできるようになりました。
つまりそれだけブラウザへの負担が増大しているのです。

このブラウザ上の処理動作を高速化しようと乗り出し、恐らく一番の成果を上げたのが、
ずばりGmailに代表されるような、ブラウザ上でのサービスを多数展開しているGoogleのChromeです。
実際AppleやGoogleがブラウザ市場に乗り込んで以来、ブラウザのベンチマークテストが加速し、
各ブラウザベンダが快適なブラウザ体験を競い合うようになったのです。
それに甘えたのかどうかは存じかねますが、動作の重いウェブサイトも多数登場し(公式Twitter!貴様だ!)、
変な形でいたちごっこが発生しているように見受けられます。
そのためブラウザベンダがいくら頑張って速度を改善しても、
安パソコンに買い換えたりメモリ増設した方がマシという事例は相当ガチで想定されます。

だいたい理由はこの1個で片付けられます。
っていうか10個開いたらブラウザ重くなるっていう理由の全てが実際これじゃないんですかね。
後Chromium系列は本当にパソコンのリソースを極限利用して高速化を図っているので
他に比べて軽々と許容量突破してしまうのは常識の範囲内。

10個タブ開いて平気だったのは、むしろ昔の話ではないでしょうか。
逆にいい時代になったからだとも言えます。

だからこそ訓練された我々は普段ブラウザ上で、
そういった動的な機能を切っておき、必要な時だけON/OFF操作するのです(俺だけかも知れんが)。
なのでnoscriptに対応していない糞サイトは早々に絶滅しろと申し上げる次第でございます。 
 
この記事へのコメント
※スパムコメントは禁止しています。
もし、そういう行為があれば削除し、随時禁止IP・ないしはURLに登録しています。
現在 yahoo.co.jp、gmail.comのメルアドを含む投稿は一律弾いています。ご了承ください。
> なに、どうせGoogleUpdate.exeがカタカタ言ってるんじゃないんですか?wwwww

冗談抜きでありすぎるから困るwwwwwwww
Posted by TACT at 2013年09月11日 08:02
全くです…Chromiumは高速リリースな分余計にカタカタ言いますからね…。
いや昔GoogleUpdate.exeの一件でアンインストールして以来Chromeとはそれっきりですけど。
とはいえOperaもBlinkに追随しはじめたから困ります。
Posted by m-ushi at 2013年09月12日 20:22
なんかムカつく記事だな
煽ってんじゃねーぞ糞が
Posted by あdf at 2014年01月18日 16:10
ああ、元記事は煽ってますよね…。筆者にはそのつもりはないんでしょうけども。
Posted by m-ushi at 2014年01月18日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/324243921
※スパムトラックバック、また本題に関係のない迷惑トラックバックは禁止しています。
もし、そういう行為があれば削除し、禁止IP・ないしはURLに登録しています。

タグクラウド