2013年06月14日

Munet Meddler js 1.4.1

http://munet.oc.to/create/lzh/other05.html

久しぶりとは言え、どう考えても前回採番間違えてます。本来ならば1.3.2ぐらいでしょうか。

環境変数を書き出すgetenv関数をいつか実装したんですが、
64bitOSではちょっとごにょるので開発環境の引っ越しが完了したついでに直しただけでございます。
それだけでは何なのでalert関数(msgboxとかdialogとか、その辺)を実装してみました。

というのも、「Program Files (x86)」みたいなシステムフォルダを見つけてしまうと
どうしても(x86)を評価してしまうんですよね。
今のmumedだと0になるんだけど、「Program Files 0」っていう謎のフォルダを参照してしまう。
つまりこう名前を付けたM$はlispの敵である。
なんのこっちゃ。 
 
タグ:mumed
この記事へのコメント
※スパムコメントは禁止しています。
もし、そういう行為があれば削除し、随時禁止IP・ないしはURLに登録しています。
現在 yahoo.co.jp、gmail.comのメルアドを含む投稿は一律弾いています。ご了承ください。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タグクラウド