2014年06月24日

Munet Meddler js 1.5

機能追加があるから1.5になっちゃうけどいいやろ。

http://munet.oc.to/create/lzh/other05.html

#b・#o・#xのプレフィックスに対応しました。
どういうことかというと、それぞれ2・8・16進数の表記をしたいときに使います。
例えば2進数で-110110を入れたい場合は、#b-110110、
8進数で123/456と入れたい場合は、#o123/456、
16進数でABC.DEと入れたい場合は、#xABC.DE、
みたいな。汎用的な0b110110とか0123/456とか0xABC.DEとかやろうとするとめんどい。
あと、JavaScriptではparseFloatで進数指定ができないので、
小数の代入というか、そういう処理を手動で筆算するようにしました。
精度が下がったらごめんね。
それに伴いビット演算関数を追加しました。具体的にはandとorとxorとnot。

まだあります。前回の1.4.3更新時、入れた処理が分からないサクラエディタ用のコードでしたが
これを外すとデフォルトでslがずれて表示されたんですね。
なので今回はその対策も入れてますが、処理的には賢いコーディングではないっす。
余分な音が鳴ってもいいなら関数いっこかますだけで終わるけど。
昔のバージョンなら鳴らないので、もしかしてサクラエディタ側のデグレかなぁ。
でも調べるのはめんどい。 
 
タグ:mumed
この記事へのコメント
※スパムコメントは禁止しています。
もし、そういう行為があれば削除し、随時禁止IP・ないしはURLに登録しています。
現在 yahoo.co.jp、gmail.comのメルアドを含む投稿は一律弾いています。ご了承ください。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タグクラウド