2017年01月23日

カップヌードル 抹茶仕立てのシーフード味

cpndmacha.jpg

日清からまさかの刺客。

封を開けると、シーフードやら抹茶やら、何や何やら分からない匂いが漂う。
1+1は2じゃなくて1+1は田んぼの田みたいな混ざり方だ。
湯を入れて3分経って開けると、その匂いのわけのわかんなさはMaxだ。
シーフードであり、抹茶なのは分かる。
だけどそれが混ざり混ざった結果、壮絶な不協和音となっている。
これは悪い意味での期待ができそうだ。

で、喰う。
あれ?
ん?
これって普通のシーフード?
麺は緑色で汁は薄緑色だけどシーフードだよな?これ?
じっくり喰っていると、確かにまろやかさみたいなものは出てくる。
これを抹茶風味と言っていいものかというと、そうなんだろけど。
至って普通のインスタントラーメンという印象。

結論:ふつう
いや、前回のがさすがに強敵過ぎただけなんかも。 
 
この記事へのコメント
※スパムコメントは禁止しています。
もし、そういう行為があれば削除し、随時禁止IP・ないしはURLに登録しています。
現在 yahoo.co.jp、gmail.comのメルアドを含む投稿は一律弾いています。ご了承ください。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タグクラウド