2020年01月16日

Chromium Edge

# 画像はBeta Channelのものです。
cedge.png

散々な言われようの新アイコンである。
わたしはドラクエ3のどくイモムシに見えたが、画像をよく確認するとそこまで似てない。

・細かい見てくれは違うが、かなりChrome。
・事前に試用していたので気付いたが、
 別チャンネルの奴を入れると(例えばStable/Betaで)プロファイルを共有しないところもChrome。
・Chromeと違い、スピードダイヤルをいじくる事ができる。
・検索エンジンはBing(ごみ)固定。
・EdgeHTMLの方にあった、蛍光ペンを書くアレとかがオミットされてる。
 今後は拡張ということなるようだが、MS謹製のものはないっぽい。調べればあるかも?
 1/17追記:ありの木さんより、pdfファイルにはペン入れが可能だと教えてもらいました。そんなの気付かないよ。
・設定画面をVivaldiにかなり寄せている。……と思ったら、最近のChrome自体がそうである模様。
・プライバシーの設定はFirefoxに寄せていると思われる。
・ちゃんとしたベンチマークをしているわけではないが、
 メモリの喰いようは他Chromiumと比べて多少なりとも有利(?)なように見受けられる。
・それでもメモリバカ喰い。
 「非人道的な環境」におけるInternet Explorerの利用が加速するのでは、と危惧する。

細かい所を全部触れているわけではないが、
ぱっと見、Chromeの上位互換か下位互換か答えられない。
正直、どんぐりの背比べである。

一見、拡張がMS独自のストアでしか使えない、とお思いだろう。
だが、拡張一覧の左下に「他のストアからの拡張機能を許可します」って奴があって
そこにチェックを入れると、Chromeストアから拡張を入れる事が出来る。
ここを知っている知ってないは大きく違う。
さすがにOperaストアはあかんかったが。
拡張子も搭載機能も違うしね。

Edgeじゃだめだ!Chromeじゃなきゃいけない!という人は、
たぶんChromeで同期をしているユーザに限られよう。
そうじゃない人が、ChromeからEdgeに鞍替えするべき理由が、特に見当たらない。
プライバシー気にするなら、FirefoxなりBraveなりあるだろうし。 
 
2020/01/16 20:18 | Comment(0) | VerUP

2020年01月08日

Mosaic 2.7b6 〜Google ChromeはNCSA Mosaicの夢を見るか?〜

カテゴリ間違ってる気がするけど、この話題いつもここに入れているからね。すまんね。

mosaic.png

UbuntuでMosaicを使えるというツイートにおったまげて、
Ubuntuでいけるならやり方変えればFedoraでもいけるんじゃ?と思ってしまい
今この記事を書いている。

インストールの仕方

1)Snappyをインストール(Ubuntuでは標準で入ってる)できるLinuxディストリビューションを用意する
  例えばFedoraの場合「sudo dnf install snapd」を叩けばよい
2)いったん再起動
3)「sudo snap install mosaic」と叩く
4)茶でも飲んで待つ

使用感

・あたりまえだがタブ型ではないブラウザ
 これによるストレス感は意外と無視できない
・ホイール無効
・もちろん中クリック無効
・target="_blank"無効
 近年のNetscapeみたいに新しいウィンドウ開いたりとかはない
・JavaScript?何それ
・日本語読めない(フォントの指定はおろかエンコードの指定すらできない)
 ん?エンコード指定を廃止したChromeってMosaicに先祖返りしたのか?
・Annotateという見慣れないメニューがある。Webサイトに個人的な注釈をつける事ができる。
 ん?これってVivaldiにあるNoteのようなもんか?Presto Operaのメモ機能の発祥って、もしかしてMosaic?
・newsというメニューがある。十中八九ニュースグループに関連する機能と思われるが、試しても無反応。
・SSL接続状態のアイコンが目立つ所に用意されている。
 やっぱりChromeってMosaicに先祖返りを目指しただろ。」
・とは言うが、多くの人が予想している通り最近のSSL事情に未対応で(恐らくTLSが古い)
 httpsサイトがことごとく全滅
・右下の100%を見て、ページの拡縮がこの時代に用意されていた!と思ったが百年早かった。
 ページの読み込みが何%完了した事を示すだけで、Presto Operaで言うプログレスバー。
・Edit SourceとあるからPresto Operaの神機能が存在する!と思ったが百年早かった。ボタン押したが最後、フリーズ。
 ローカルのHTMLなら読めると思ったが、無反応だった。

非常に原始的なブラウザだったが、
随所にChromeやPresto Operaを連想させる内容があった。
GUIブラウザの原点は間違いなくMosaicにある事を身をもって知っただけでも、
本日は有意義な一日であった。

当然常用には耐えないし常用する人はいないと思う。 
 
2020/01/08 21:30 | Comment(0) | VerUP

2020年01月03日

Munet Meddler for gPad/サクラエディタ/Mery 2.0β2

あけました。おめでとうございます。

http://munet.x0.to/create/lzh/other05.html

ある機会にて発見されたエンバグ潰し、及びファイラー機能などで絶対パス・相対パスが指定できるように修正。
やっぱりβ版でよかったなぁと思った。
しかし、バグ潰したは良いが、似たような処理が並んでしまい不健康なコードができあがってしまった。
リファクタリングせんと正式版にできんとして、m-ushi君にはさらなる奮起を期待したい。
使ってみて思ったのですが、フォルダの区切りがバックスラッシュじゃなくて
Linuxみたいにスラッシュ記号でいけたら楽だよなって思った。指が遠くないし。
これはまた次のβ版で考えるとするか。

あと、関係ないけど今更ではありますがmidi素材のページにて演奏して頂いた案件、SoundCloudの該当ページにリンクしております。
問題がありましたらコメントください。

この2点とも、その節はありがとうございました。 
 
タグ:mumed 作曲
2020/01/03 20:15 | Comment(0) | 開発

タグクラウド