2020年05月23日

Microsoft PowerToys v0.18.1

まだβ版における試用だけど軽く神だったんで軽くレビューっときます。

https://github.com/microsoft/PowerToys

.NET Core Desktop Runtime及び1803以降のWin10。
自動でインストールしてくれない。ちょっとだけ導入敷居は高い。

FancyZones
予め用意した枠の中にウィンドウをShift+ドラッグしてその位置に配置できる。
自分はノートPCなのでWin+左右で事足りるが、デスクトップPCで間違いなく猛威を振るうと思う。

File Explorer Preview
標準エクスプローラーの「プレビュー画面」にSVG、MarkDown形式ファイルも表示させるようにする。
いやこれ別ソフトにせずOS標準搭載したほうがいいですよ。
ついでに縮小版表示に対応してもいいですよ。

Image Resizer
右クリックに一括画像リサイズできるメニューを登録。
他の類似フリーソフトを導入してて、それに慣れていれば、まぁ不要なんですよね。
それなりのカスタマイズは利く。TIFFへの出力もできる。

Keyboard Manager
たまに、左CtrlとFnが入れ替わっているゴミノートがあるが、そういう時に有効。
というわけでノートPCユーザにとっては福音。
今まではレジストリをいじるしかなかった。正直言って革命。

PowerRename
右クリックにファイル名の一括リネームを登録。これもImage Resizerと同様ですね。
というか、これも別ソフトにせずOS標準搭載したほうがいいような。

PowerToys Run
本当にmumedjsがゴミになるほどに強力なランチャー。arctanの計算だってできる!
でも、最低でもアイテムを自由に登録したいですよねぇ。

Shortcut Guide
Winキー長押し。OS標準搭載したほうがいいですね。

総評
惜しい。
神なんだけどね。
ちなみに現在表示言語は英語だけなんで、それが困るっていう人は注意。 
 
この記事へのコメント
※スパムコメントは禁止しています。
もし、そういう行為があれば削除し、随時禁止IP・ないしはURLに登録しています。
現在 yahoo.co.jp、gmail.comのメルアドを含む投稿は一律弾いています。ご了承ください。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド