2022年06月23日

Dooble 2022.6.15

更新日付的に今回は本カテゴリに入れて問題なさそうですね。

https://textbrowser.github.io/dooble/

dooble.png

Chromium(QtWebEngine)。
結構歴史は古く、なんとGoogle Chromeと同い年である。

一見Win/Mac/Debian用しかバイナリが提供されていないように見えるが、
HaikuDepotにも用意されており、Haikuでも問題なく使用可能。
同じQtでも、実はOtter Browser(QtWebKit)より安心して使える。
レンタリングエンジンが明確に新しいからだ。
なんとYoutubeだって余裕で見られるんだぞ!Otterも見られるけど。
ニコニコ動画はダメだったぞ。Otterもダメですけど。
しかしながらHaikuのDoobleはQtWebKit。悲しい。

タブバー左端のチェックボタンでタブの一覧が表示される。簡易縦タブである。
使用感としては一番近いのはChromium Edgeで折りたたんだ垂直タブバーかな?
めちゃタブを開いた場合でも大丈夫。
面白い事に、このタブ一覧はメニューバーからも表示する事ができる。
ん?PrestoOperaでそんな事ができていたような?違ったかしら?

Dooble独特の機能で目を引くのがPage Floating Menu。
ハンバーガーメニューでも開く事ができるこれは
各機能を大きなボタンで表示する。
これがカスタマイズ出来たら凄く強かった!

あと、設定をよく調べないとなかなか気付かないが、
タブバーを上下左右自在に移動する事が可能。
まるでPrestoOperaみたいだ。
でも左右に持って行くと、スクリーンショットタブの名前も回転してしまう。
これはこれで面白いが、視認性が悪いのが残念。
縦タブりたいならさっきの簡易縦タブの方が良い。

ダウンロードの進捗画面が専用タブで表示される。まるでPrestoOperaみたいだ。
専用の時計を別窓で表示可能。やっぱりお前はPrestoOperaだろ!

全体のスクリーンショットを簡易的に書き出すこともできる。
必死に画面が自動でスクロールして各場所のスクショを撮る様は見ていて微笑ましいが、
正常に動作しない時も結構ある。温かく見守ってあげよう。

などなど、機能面で劣っている訳では決してない。
独特ではあるが、作者の思いが伝わるには十分である。
ネットサーフィンに飽き飽きしてきたら、騙されたと思ってDoobleを手に取って欲しい。
きっと退屈はさせないはずである。



こちらからは以上です。 
 
この記事へのコメント
※スパムコメントは禁止しています。
もし、そういう行為があれば削除し、随時禁止IP・ないしはURLに登録しています。
現在 yahoo.co.jp、gmail.comのメルアドを含む投稿は一律弾いています。ご了承ください。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック